Honda、ミドルクラスのネイキッドロードスポーツモデル「CB650R」を

Honda、ミドルクラスのネイキッドロードスポーツモデル「CB650R」を発売
 
 
東京, 2019年1月21日 - (JCN Newswire) - Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・直列
4気筒・648ccエンジンを搭載し、コンパクトでダイナミックなスタイリングのネイキ
ッドロードスポーツモデル「CB650R」を、Honda Dreamより3月15日(金)に発売しま
す。
 
CB650Rは、扱いやすい車体サイズに低回転域から高回転域まで伸びやかな回転フィー
リングを堪能できる直列4気筒エンジンを搭載した従来モデルの「CB650F」をベースに
開発されました。「都市のライフスタイルに興奮をMiddle Sports Roadster」を開発
キーワードに、従来よりもさらに軽量化とマスの集中化を図るとともに、車体・足回
り、パワーユニットの各部を熟成。新世代CBシリーズとしてスタイリングの一新を図
り、名称を従来のCB650FからCB650Rへ変更しました。
 
車体は、フレームの構成部品や製法を変更するなど剛性バランスを見直すとともに、
さらなる軽量化とマスの集中化を実現しました。足回りには、新たに高剛性の倒立フ
ロントフォークを採用。ボトムブリッジをアルミ鍛造品とし、軽量化した新デザイン
のアルミホイールと合わせ、より運動性能を高め軽快で上質なライディングフィール
を実現しています。
 
パワーユニットは、扱いやすいトルク特性としながら従来モデルに対して高回転域の
出力を向上させています。また、ライダーの疲労軽減や安心感のある走りに寄与する
、アシストスリッパークラッチやHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)
※1を新採用。より扱いやすく快適でスムーズな乗り味を実現し、“操る楽しさ”の向
上を図りました。
 
スタイリングは、新世代CBシリーズに共通するマスの集中化を図った凝縮感のある台
形プロポーションや、ネイキッドバイクとして普遍性を感じさせる形状のLEDヘッドラ
イトを採用しています。
 
本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2019/2190121-cb650r.html
 
概要:本田技研工業株式会社
 
詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。
 
 
 
Honda
 
 
 
Copyright 2019 JCN Newswire . All rights reserved.
Press spacebar to pause and continue. Press esc to stop.