三菱重工工作機械、さらに高速・高精度仕上げで量産に強い歯車研削盤

三菱重工工作機械、さらに高速・高精度仕上げで量産に強い歯車研削盤「ZE16C」と「ZE26C」を開発
構造面の剛性を高め非加工時間も短縮、ランニングコストを低減
 
 
東京, 2018年10月18日 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱重工工作機械株
式会社(社長:岩﨑 啓一郎、本社:滋賀県栗東市)は、歯車量産ラインに対応した一
層の高速・高精度仕上げができる歯車研削盤「ZE16C」および「ZE26C」を開発しまし
た。自動車の電動化やロボット用減速機構の高精度化を背景に、高精度な歯車の需要
の高まりに応えるものです。最終製品としての歯車の歯形形状誤差を1umレベルに抑制
でき、より正確な歯車機構の動きを実現することで、燃費性能や静粛性の向上につな
がります。11月1日より東京・有明の東京ビッグサイトで開幕する「JIMTOF 2018 第
29回 日本国際工作機械見本市」で実機展示を含めて紹介し、本格販売を開始します。
 
 
ZE16CとZE26Cは、2011年から順次市場投入して好評を博してきた歯車研削盤「ZE-B」
シリーズ(ZE15BやZE24B)を、大幅改良によりさらに高性能化したものです。それぞ
れ、最大外径160mmと260mmまでの歯車に対応。加工の高速・高精度化に加え、非加工
時間を従来機の約半分にすることにより、量産能力が高まりランニングコストの低減
をはかることができます。さらに、業界初の水溶性クーラントの採用をオプションメ
ニューに加えることでより、環境配慮性と省エネ性も高めています。
 
構造面では、新開発の門型カウンターコラム(ZE16C)やテーブル、砥石ヘッドなどの
剛性を高めるとともに主軸構造も見直すことで、加工精度の向上と安定性を確保しま
した。また、非加工時間の短縮や砥石ヘッドの回転速度アップにより生産性の向上を
はかりました。さらには、砥石の幅を従来の125mmから最大160mmに拡張することで砥
石交換頻度の削減や、標準砥石と超仕上げ(ポリッシュ)砥石の同時装着も可能とな
り、さまざまな製造現場のニーズに対応できます。
 
JIMTOF 2018では、ZE16Cの実機による加工実演や、IoT(モノのインターネット)技術
を用いた当社モニタリングシステム「DIASCOPE」での稼働監視による生産状況の見え
る化のデモも行います。
 
歯車の高精度仕上げや精密歯車の量産化に対する需要は、自動車の電動化へのシフト
、静粛性や燃費性能の向上、低コスト生産に向けた動きのなかで、高まってきていま
す。加えて、最近では多様な高機能ロボットの開発活発化などに伴うロボット用減速
機向けの需要も拡大。ますます、高速・高精度仕上げが可能な歯車研削盤が求められ
る傾向にあり、今回の「ZE-C」シリーズ投入に至ったものです。
 
三菱重工工作機械は、歯車研削盤の国内シェアナンバーワン企業として今後も歯車研
削に関する技術・設備の向上に向けた取り組みに力を注いでいきます。
 
本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/1810185969.html
 
概要:三菱重工業株式会社
 
詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。
 
 
 
Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
 
 
 
Copyright 2018 JCN Newswire . All rights reserved.
Press spacebar to pause and continue. Press esc to stop.