ブリッジレポート 鎌倉新書 社内計画を上回る進捗も今後の投資鑑み期初予想据え置き

Jan 24, 2018(Investment Bridge)-  (6184)鎌倉新書  2018年1月期第3四半期業績レポート

・18/1期3Q(累計)は前年同期比26.5%の増収、同12.0%の営業増益。優秀な人材を積極的に採用した結果、人件費や人材エージェントの手数料等の人材採用費を中心に販管費が増加したものの、WEBサービス(同30%の増収)をけん引役とする売上の増加で吸収した。

・通期予想は前期比27.6%の増収、同28.3%の営業増益。3Q終了時点で社内計画を上回る進捗だが、今後の採用計画、新規事業への投資等を鑑み、期初予想を据え置いた。配当は未定だが、2017年7月の東証1部への市場変更を踏まえて前向きに検討している模様。

・同社が2017年12月26日に発表した「第1回 終活(ライフエンディング)に関する実態調査結果(2017年)」によると、約8割の人が死を意識しており、終活としては「持ち物整理」を行う方が最も多かったと言う。ただ、終活を何から始めるべきかわからず行動できない人が多い事や亡くなった方へ弔い不足を感じる人が多い事も今回の調査でわかった。残された方の気持ちまで考える「終活」や、葬式とは別に弔う場を作る「お別れ会」の啓発活動が課題解決の糸口となっていくと同社では考えている。

詳細は添付ファイルをご参照下さい。

Copyright(c) Investment Bridge Co., Ltd. All rights reserved.
Press spacebar to pause and continue. Press esc to stop.