パイオニアの走行空間センサー「3D-LiDAR」が、エヌビディアの自動運

Tokyo, December 14, 2017 - (PR TIMES) -
パイオニア株式会社は、AIコンピューティングのグローバル
リーダーであるNVIDIA
Corporation(本社:アメリカ合衆国カルフォルニア州、社長:
Jensen
Huang、以下「エヌビディア」)と、同社の自動運転向けAI
車載コンピューターのオープン プラットフォーム「NVIDIA
DRIVE™ PX」
への当社「3D-LiDAR」対応に向けて協業します。
 
「3D-LiDAR」は、遠方の物体までの高精度な距離の測定や、物
体の大きさを検出できるセンサーで、物体形状の把握も可
能なため、自動運転に不可欠なキーデバイスと言われてい
ます。当社は、2020年以降の量産化を目指し、高性能で小型
、軽量、低コストな「3D-LiDAR」の開発を進めており、本年9
月より、国内外の自動車メーカーや ICT
関連企業などへ「3D-LiDAR」のサンプル供給を開始しています
。
 
「NVIDIA DRIVE
PX」は、エヌビディアの最先端GPUによるディープランニング
を活用し、周辺360度の状況認識を行って車両の位置を正確
に判断し、安全で快適に走行できるルートを算出します。
当社の「3D-LiDAR」が、この自動運転向け車載コンピュータ
ーに対応することにより、AIを活用して自律走行に伴う複雑
なデータを処理することが可能となります。
 
 
なお、当社は、エヌビディアが主催するGPUテクノロジーイ
ベント「GTC Japan
2017」(2017年12月12-13日開催)において、本件に関するデモ
ンストレーションを実施しました。
「GTC Japan 2017」について: https://www.gputechconf.jp/
エヌビディア ブログ: https://blogs.nvidia.com/blog/2017/12/12/ai-
defining-transportation-future-gtc-japan/
当社の「3D-LiDAR」について:
http://pioneer.jp/corp/crdl_design/crdl/fr/3d-lidar/
Press spacebar to pause and continue. Press esc to stop.