パイオニアとみちのりホールディングス 路線バスの自動運転化の技術

Tokyo, August 31, 2017 - (PR TIMES) -
パイオニア株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役 兼
社長執行役員:小谷 進、以下、「パイオニ
ア」)と株式会社
みちのりホールディングス(本社:東京都千代田区、代表
取締役:松本 順、以下、「みちの
りホールディングス」)は、路線バスの自動運転の実現に
向け、共同で実証実験を行うことに合意しました。
 
今回の合意は、将来的な路線バスの自動運転化に向けて、
路線バスにおけるスムーズかつ安心・安全な
自動運転を実現する技術の検証を目的としています。傘下
に複数のバス会社を所有し、路線バスの運行ノウ
ハウを持つみちのりホールディングスと、カーナビゲーシ
ョンで培った高い自車位置精度、自動運転に必要
とされる走行空間センサー「3D-LiDAR」や自動運転用地図など
の開発を進めるパイオニアが、それぞれの
強み、知見を持ち寄り、2018 年 3
月期中に実証実験を開始します。
 
【路線バスの自動運転化に向けた両社の役割】
・みちのりホールディングス:関係バス会社の車両の提供
および熟練バス運転手の運転情報(走行履歴な
ど)の収集
・パイオニア:カーナビゲーションシステムや自動運転に
係る技術などを活用した実証実験用システムの構
築およびデータの分析
対象となるバス会社や路線など実験の詳細については、両
社において今後協議を進めてまいります。
 
【自動運転・高度運転支援に関するパイオニアの取り組み
】
パイオニアは、2006
年にプローブデータを活用した独自のネットワークシステ
ム「スマートループ」をいち早
く立ち上げ、システム搭載車間で精度の高い渋滞情報など
を共有するサービスの提供をしているほか、2016
年にそのビッグデータを活用して先進運転支援を実現する
「マルチドライブアシストユニット」を発売するな
ど、安心・安全・快適なドライブをサポートする、さまざ
まな車載機器やサービスを開発・提供しています。現
在、これまで培ってきた光ディスクなどの技術を活かし、
車載用途に適した高性能で小型・低コストな「3DLiDAR」の開
発を進めており、一般車両からの周辺情報を自動的に収集
して自動運転用地図を更新・配信
する効率的な整備・運用システム「データエコシステム」
の構築・提案を目指しています。
http://pioneer.jp/
 
【株式会社みちのりホールディングスの概要】
東北、北関東エリアで約 2,200
台のバスを運営、広域にわたる複数の交通・観光事業会社
の持株会社。傘
下に岩手県北バス、福島交通、会津バス、関東自動車(栃
木)、東野交通、茨城交通、湘南モノレールの 7
つの交通・観光事業グループを有しています。
http://www.michinori.co.jp/
Press spacebar to pause and continue. Press esc to stop.