日本(国内)ニュース

「つみたてN���SA」が投信改革迫る、厳格な採用要件は金融庁の覚悟

来年1月にスタートする積み立て投資に特化した少額投資非課税制度「つみたてNISA」が投資信託業界を大きく変えようとしている。本格的な長期投資を促すため、同制度の対象となる金融商品には厳しい要件が課され���おり、そこからはみだしたこれまでの人気商品では資金流出が止まらない。

【インサイト】FRB資産縮小、円安と日銀の国債買い入れの追い風に

米連邦準備制度理事会(FRB)の資産縮小ペースの見通しは日本銀行にとって、短期金利引き上げと同様に重要な意味を持つ。FRBの資産縮小が米国の長期金利を上昇させれば、日本の長期金利は上昇圧力に直面することになる。それに伴い、日銀は10年物日本国債金利をゼロ%程度に維持させるために、買い入れを加速する必要があり、6月時点で年率換算60兆円台まで低下していた買い入れペースは、めどとしている80兆円に―少なくとも一時的には―近づくとブルームバーグ・インテリジェンスは見ている。今後、FRBの資産縮小と利上げがスムーズに行われれば、緩やかな円安が日銀金融政策運営での追い風となろう。