日本(国内)ニュース

日本株反落、円高警戒し景気敏感中心広く下げる-売買代金2兆円割れ

16日の東京株式相場は反落。20日に控えるトランプ次期米大統領の就任会見に加え、英国の欧州連合(EU)からの強硬離脱リスクが懸念される中、為替の円高を嫌気する売りが広がった。鉄鋼や海運、鉱業、機械など景気敏感株中心に幅広い業種が安い。政府保有株の追加売却観測で、日本郵政も下げた。

タカタ、米で刑事責任認め当局と合意、一歩前進も再建道筋なお不透明

エアバッグ問題を抱えるタカタは米国で長年にわたり破損リスクを隠していたことを認め、罰金や自動車メーカー・購入者への賠償など総額10億ドル(約1140億円)を支払うことで司法省と合意した。経営再建に向けて一歩前進したが、まだ道筋が見えてこないため、不安感は払しょくできていないとの指摘が出ている。

日本株反落、円高警戒し景気敏感中心広く下げる-売買代金2兆円割れ

16日の東京株式相場は反落。20日に控えるトランプ次期米大統領の就任会見に加え、英国の欧州連合(EU)からの強硬離脱リスクが懸念される中、為替の円高を嫌気する売りが広がった。鉄鋼や海運、鉱業、機械など景気敏感株中心に幅広い業種が安い。政府保有株の追加売却観測で、日本郵政も下げた。

タカタ、米で刑事責任認め当局と合意、一歩前進も再建道筋なお不透明

エアバッグ問題を抱えるタカタは米国で長年にわたり破損リスクを隠していたことを認め、罰金や自動車メーカー・購入者への賠償など総額10億ドル(約1140億円)を支払うことで司法省と合意した。経営再建に向けて一歩前進したが、まだ道筋が見えてこないため、不安感は払しょくできていないとの指摘が出ている。