日本(国内)ニュース

神戸鋼:子会社でJISマーク製品の出荷自粛、法令違反のおそれ

神戸製鋼所は20日、子会社のコベルコマテリアル銅管(KMCT)が販売した銅管について、日本工業規格(JIS)の認証機関である日本品質保証機構から品質管理に問題があるとの指摘を受けたことから、同子会社でのJISマーク表示と、JISマークのついた製品の出荷を自粛すると発表した。

【インサイト】衆院選勝利でも安倍首相の債務時計は止まらない

安倍晋三首相は、1980年代のバブル崩壊後の政権の中で最も長い間政権を維持し、経済再興に取り組んできた。ただ、これまでのところ、アベノミクスの評価-特に成長戦略について-は分かれる。もし衆院選が報道通りに自公政権の優勢に進むのであれば、自民党総裁の3期目を満了し、2021年までの戦後の最長政権が視野に入る。ただ、経済成長と政府債務の先行きがバランスのとれた持続可能なパスを描くのかどうかには疑問がある。日本は、経済再生の最後のチャンスを逃しつつあるのだろうか。

【日本株週間展望】高値もみ合い、記録的な連騰反動と業績期待綱引き

10月4週(23ー27日)の日本株は高値圏でもみ合いそうだ。衆院選を通過し、アベノミクス加速への思惑がいったんピークを迎えやすく、記録的連騰後の反動警戒や欧州金融政策、個別企業の決算動向を見極めようと積極的な買いは見送られる。半面、好調な世界経済、業績への安心感から下値不安は乏しい。

神戸製鋼:8月社内調査後も不正継続との報道、株価反落-午後会見

日本経済新聞は20日、神戸製鋼所のアルミ・銅製品の一部での検査データ改ざん問題で、8月の調査後も同事業部門で不正が継続されていたことが分かったと報じた。同日午後にこうした経緯について発表する見通しとしている。午前中は続伸傾向だった神戸鋼の株価は、午後に入ると前日比マイナス圏に沈んだ。

衆院選:与党に恵みの雨なるか-天気予報は曇り時々雨で投票率に注目

衆院選投票日の22日は北上中の台風21号の影響で広い範囲で「曇り時々雨」の予報だ。悪天候なら投票率が下がり、組織力のある与党に有利というのが通説。報道各社の情勢調査で自民党の優勢が伝えられる中、当日の天気が投票結果にどのような影響を与えるのか、選挙ウオッチャーの見方はさまざまだ。

衆院選:22日投開票、安倍政権の5年に審判-野党勢力は分散

衆院選は22日に投票、即日開票される。5年近くにわたる安倍晋三首相(自民党総裁)の政治姿勢や政権運営の在り方が問われる選挙となる。報道各社の情勢調査では、相次ぐ新党の結成で野党勢力が分散したこともあり、与党が堅調で3分の2前後の勢力を確保するとの見通しも出ている。