コンテンツにスキップする

プーチン大統領、外資系石油会社と銀行に年末までの事業撤退を禁止

ロシアのプーチン大統領は同国経済の主要セクターへの統制を強化し、一部の外資系銀行およびエネルギー企業にロシアからの事業撤退を禁じた。対象企業には米エクソンモービルなどが含まれる。

  ロシアの法務データベースに掲載された法令によれば、石油・天然ガス開発事業「サハリン1」に出資するエクソンなどの外国企業は、ロシアの「国家権益を保護」する措置の一環として、年末まで持ち分を手放すことが認められない。

  数日前には、エクソンがサハリン1に保有する権益30%を第三者へ移管することで話を進めていることを明らかにしていた。

  法令はまた、今回の禁止措置の対象となり得る外国企業を出資者に持つエネルギー会社および銀行についてもリスト化するよう政府に命じている。

原題:Putin Bans Oil Companies, Banks From Exiting Nation to Year-End

(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE