コンテンツにスキップする

【ウクライナ】穀物輸出第2船団が出港、原子力災害をIAEA警告

更新日時

ウクライナからの穀物輸出再開の第2船団が7日朝、黒海沿岸の港を出港した。ウクライナのクブラコフ・インフラ相が明らかにした。安全航行を巡る合意後の最初の貨物船が6日遅くに到着したという。  

 

  国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は、ロシアによるザポロジエ原子力発電所への5日の砲撃について、「大惨事をもたらす恐れがある」と述べた。ウクライナはロシアの攻撃を「テロ行為」と糾弾。一方ロシアは、事件の背後にウクライナ政府がいるとして国連に異議を唱える意向を示している。

 

 

  ロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領は5日、ロシアの保養地ソチで4時間近くにわたって会談。トルコ政府は穀物輸出を巡る画期的な合意を受け、ウクライナでの戦争終結に向けた仲介役を果たそうと取り組んでいる。

ウクライナ情勢を巡る最近の主な動きは以下の通り。

ロシア、占領地域の管理強化-ロシアの運転免許証発行など

  ロシアが占領するウクライナ南部のヘルソン州で、当局はロシアの免許証や車のナンバープレートを発行し始めた。ロシア当局の報道官を引用してタス通信が伝えた。占領地域への管理を強化する最新の取り組みとみられる。ウクライナ市民は車の登録など基本的な活動のためにロシアのパスポートをし取得することを求められている。

米女子バスケ選手に禁錮9年の判決、ロシア裁判所

  ロシアで拘束されている米女子プロバスケットボール(WNBA)のブリトニー・グライナー選手に対し、モスクワの裁判所は違法薬物密輸の罪で禁錮9年の実刑判決を言い渡した。米ロ間では同選手らを米国で服役中のロシア人武器商人と交換する案を巡る協議が行き詰まっているが、今回の判決を受け状況が一段と厳しさを増す恐れがある。

米女子バスケ選手に禁錮9年の判決、ロシア裁判所-違法薬物密輸の罪

原題:Ukraine Latest: Zelenskiy Assails Russian Nuclear Plant ‘Terror’Ukraine Latest: Civilians Killed in Donetsk; Nuclear Plant Fears(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE