コンテンツにスキップする

米女子バスケ選手に禁錮9年の判決、ロシア裁判所-違法薬物密輸の罪

US' Women's National Basketball Association (NBA) basketball player Brittney Griner, who was detained at Moscow's Sheremetyevo airport and later charged with illegal possession of cannabis, holds a picture of her team as she stands inside a defendants' cage before a court hearing in Khimki outside Moscow, on August 4, 2022. 

US' Women's National Basketball Association (NBA) basketball player Brittney Griner, who was detained at Moscow's Sheremetyevo airport and later charged with illegal possession of cannabis, holds a picture of her team as she stands inside a defendants' cage before a court hearing in Khimki outside Moscow, on August 4, 2022. 

Photographer: EVGENIA NOVOZHENINA/AFP

ロシアで拘束されている米女子プロバスケットボール(WNBA)のブリトニー・グライナー選手に対し、モスクワの裁判所は違法薬物密輸の罪で禁錮9年の判決を言い渡した。ロシアと米国との間では、拘束者交換を巡る協議が行き詰まっているが、今回の判決を受け状況が一段と厳しさを増す恐れがある。

Brittney Griner GETTY Sub
法廷に向かうブリトニー・グライナー選手(2022年8月4日)
Photographer: Kirill Kudryavstev/AFP/Getty Images

  インタファクス通信によれば、判事がグライナー選手の有罪と量刑を言い渡した。同選手は禁錮のほか罰金100万ルーブル(約218万円)も科された。検察側は禁錮9年半を求刑していた。

  バイデン米大統領はホワイトハウスで声明を発表し、判決は「容認できない」とし、グライナー選手を「直ちに釈放するようロシアに求める」と述べた。

原題:Russian Court Sentences WNBA’s Griner to 9 Years on Drug Charges(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE