コンテンツにスキップする

アップルが「iPad」最新OS提供1カ月先送りへ、関係者-異例の措置

  • ここ数年はiPadとiphone向けOS最新版を9月に同時リリース
  • リリースは「iOS16」がいつもの時期、「iPadOS16」は10月までない

アップルは「iPad(アイパッド)」の次期基本ソフト(OS)提供を約1カ月遅らせる見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。「iPhone(アイフォーン)」の次期OSと同時にリリースしないという異例の措置を取る。 

  ここ数年、アップルはアイパッド向け「iPadOS」とアイフォーン向け「iOS」の最新版を9月に同時にリリース。「iOS16」はいつもの時期に提供する計画だが、「iPadOS16」は10月までリリースしないと、関係者が協議の非公開を理由に匿名で語った。

  iPadOS16の提供が遅れる要因の一つとしては、アイパッドのマルチタスク機能を全面的に見直す大掛かりな取り組みがある。今回の更新には、ユーザーが複数のタスクを同時に手掛け、ウインドーのサイズを変更し、異なるアプリの間を行き来できる「ステージマネジャー」機能が含まれる。この機能はベータ版でリリースされているが、バグや分かりにくいインターフェース、大半のアイパッドとの互換性欠如を一部の開発者やユーザーから指摘されたという。

  アップルの広報担当者は最新OSの計画についてコメントを控えた。

  「Mac(マック)」も同じステージマネジャーの機能を搭載することになるが、マック版はさほど異論が出ていない。マックのOS更新が通常行われる10月のリリースが計画されている。「アップルウオッチ」の最新OS「watchOS9」もアイフォーンOSと共に9月にリリースされる予定。 

原題:

Apple to Delay IPad Software Launch by a Month in Unusual Move(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE