コンテンツにスキップする

習氏の「ゼロコロナ」、何年も続くシナリオに現実味-代償は経済成長

  • 多くの専門家がゼロコロナが今年以降も続く可能性を警告
  • 香港のオミクロン株流行で生じたような高死亡率、中国指導部警戒か
北京(5月31日)
北京(5月31日) Source: Bloomberg

中国共産党の習近平総書記(国家主席)が「ゼロコロナ」政策を何年も続けるというシナリオは最近まで現実味がないと思われていた。

  シンガポールやオーストラリアなどは、新型コロナウイルスの感染を排除する試みを断念。世界の投資家やエコノミストら多くの人々が、中国も必然的にコロナを徹底的に抑え込む政策をいずれはやめると見込んでいる。この政策は隅々まで微調整され、経済への影響をある程度抑えるために最適化が図られているが、その中核的前提は強固に保たれたままだ。

  オミクロン変異株派生型の感染力がこれまで以上に高まる中で、コロナ感染による死者を避けるという習氏の決意は一段と強まっている様子で、多くの専門家がゼロコロナが2022年以降も続く可能性があると警告している。

  米ピーターソン国際経済研究所のリサーチフェロー、ティアンレイ・フアン氏は、「われわれは皆、ゼロコロナ政策を続けるという中国政府の意志がいかに固いかを過小評価していたかもしれない」と述べ、「何もかもがゼロコロナ達成という至上目標に資する必要がある状況だ」と指摘した。

Beijing Inches Closer to Zero Cases as Restrictions Eased
北京(6月7日)
Source: Bloomberg
Views of Shanghai As Weekend Covid Testing Blitz Shows Cases Contained
検査ブース(上海、6月20日)
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

  大半の世界的指導者とは異なり、習氏にとってゼロコロナ解除の政治的リスクは、潜在的な恩恵より引き続きはるかに大きい。

  20年初め、湖北省武漢市で新型コロナの流行を最小限に食い止められなかったことなどは、中国共産党による統治の正当性を支える社会契約を弱めた。国民の信頼を取り戻すために習氏は民主主義諸国の指導者には利用できないような強権的手法を駆使し、ウイルスを遠ざけ、死者数を抑えた。

  中国のデータは信頼性に疑問は残るが、コロナの大流行が始まって以来、中国が報告した死者数は5226人。米国では100万人を超えている。

Longest Lockdowns

Curbs have been imposed on a raft of key Chinese cities

Source: Bloomberg News

Note: Top 50 cities as defined by GDP size. Lockdowns are defined as restrictions across at least an entire district; targeted shutdowns of housing compounds or neighborhoods -- which is becoming the norm -- are not counted. Data is tracked from March 10 to July 31, 2022.

  中国政府は欧米での死者数急増を非難。ゼロコロナは共産党統治の優位性を示すために利用された。

  習氏にとっての今の難題は、他国のようにウィズコロナの現実として死者数増加を受け入れてパンデミック(世界的大流行)を脱することができない点だ。高齢者のワクチン接種率も低いままで、上海では7月初めの時点でシニア層の約3割がまだ1回の接種さえ受けていない。今年に入りオミクロン株流行に見舞われた香港の経験は、その問題点を示している。高齢者施設で感染がまん延し、3月になると世界で最も高い死亡率を記録した。

China Henan Covid-19 Isolation Camp
河南省で建設中の隔離施設(5月14日)
Source: Future Publishing/Getty Images

  米戦略国際問題研究所(CSIS)向けに執筆したJ・スティーブン・モリソン氏ら3人は6月27日公表の論文で、ゼロコロナ解除の場合の死者数急増のリスクに関し、「中国指導部の観点からすれば、今春の香港での非常に高い死亡率はそれが起き得る明確な証拠を提示している」と説明した。

Vaccine Defense

China lags behind on immunizing older people against Covid

Source: Government data

Note: The data is for population aged 60+ in China. Closest possible age groups have been applied for other countries.

 

  ゼロコロナ堅持と引き換えに習氏が手放そうとしているのは、これまで共産党が主に関心を寄せてきた経済成長だ。

  ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査によると、今年の中国GDP(国内総生産)は前年比4%増と、政府目標(約5.5%増)を大きく下回ると見込まれている。21年の成長率は8.1%だった。

  消費者・サービス部門は2年間にわたる制約と閉鎖で打撃を受け、国内旅行は規制され、所得も落ち込んでいる。李克強首相は「深刻」な雇用状況について繰り返し警告しており、民主主義体制であれ一党独裁政権であれ市民の不安をかき立て得る状況になっている。

中国経済、次のリスクは若年層の雇用危機深刻化-5人に1人が失業

Shanghai Neighborhoods In Lockdown as Districts Launch Mass Testing
定期的にロックダウンされる上海の一角(7月6日)
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

 

Shanghai Ramp Up Mass Testing As China Covid Cases Drop
上海のコロナ検査、72時間ごとに受ける必要がある
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

 

Covid Flares Again in Shanghai, Putting Areas Back in Lockdown
上海(6月10日)
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

原題:China’s Covid Zero Could Last for Years Because It Works For Xi (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE