コンテンツにスキップする

ライン川の水位低下、航行不能の瀬戸際に-欧州物流にリスク

  • 独カウプでライン川の水位は2018年以来の水準に低下
  • 石炭輸送は低水位によって既に制約を受けている-EnBW

欧州を流れるライン川の水位が今後、事実上の航行不能となる水準近くまで低下する見通しだ。経済危機回避を図る欧州で物流が大きなリスクにさらされている。

  主要輸送拠点であるドイツのカウプではライン川の水位が2日、2018年以来の水準に低下。週末までに47センチメートルに低下すると予測されている。これは航行不能な水位まであと7センチの水準だ。

  欧州は既にこの数十年で最悪のエネルギー供給危機に見舞われている。ロシアが天然ガス供給を制限し、インフレを加速させているためだが、今度は気候変動で欧州のこうした問題が深刻化しつつある。欧州各国政府はエネルギー危機がきっかけとなり域内がリセッション(景気後退)に陥る事態を避けようと取り組んでいるが、ライン川が航行不能となれば、燃料や化学製品などあらゆる産品の物流が滞る。

  ドイツのエネルギー会社EnBWは発表資料で、「石炭輸送は低水位によって既に制約を受けている。利用できる船舶が少ない上、使用予定の船も積み荷を減らしているためだ」と指摘。「このため石炭の輸送コストは上昇傾向にあり、石炭火力発電所の運営費も膨らんでいる」と説明した。

Hot Season

Rhine water levels below 2018 heat wave

Source: German Federal Institute of Hydrology, Bloomberg

  JPモルガン・チェースのアナリスト試算によると、前回水位が低下した18年のケースでは、ドイツの10ー12月(第4四半期)国内総生産(GDP)が0.4%押し下げられた。今回は、ライン川がロシアからのエネルギー供給減少分を補うルートの1つとなっているため、航行確保の必要性はさらに大きいと言えそうだ。

The cost of transporting gasoil to Basel in Switzerland
 
 

原題:Europe’s Rhine River Is on the Brink of Effectively Closing (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE