コンテンツにスキップする

【米国市況】国債急落、利上げ継続見通しで株続落-ドル133円台前半

Traders work in the Cboe Volatility Index pit on the floor of the Cboe Global Markets, Inc. exchange in Chicago.
Traders work in the Cboe Volatility Index pit on the floor of the Cboe Global Markets, Inc. exchange in Chicago. Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

2日の米市場では国債が急落。株価も下落した。インフレが抑制されるまで利上げを進める米金融当局の決意は変わっていないと、複数の当局者が示唆したことが響いた。ドル・円相場は上昇し、133円台を回復した。

  • 米国株は続落、金融当局者の発言で-地政学的緊張も重し
  • 米国債は下落、10年債利回り急伸-一時2.77%
  • ドルは上昇、133円台前半-米利回り上昇など支え
  • NY原油は反発、OPECプラスの会合待ちで荒い動き
  • NY金スポットは下落、米中緊張で一時4週ぶり高値付近

  米国債はあらゆる年限で利回りが急伸。10年債利回りは一時20ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.77%となった。ニューヨーク時間午後4時23分現在は、17bp上昇の2.74%。

  S&P500種株価指数は前日比0.7%安の4091.19。ハイテク銘柄中心のナスダック100指数は0.3%下落。地政学リスクのくすぶりや米金融当局者の発言で神経質な動きが続き、両指数ともに日中は一進一退の展開だった。

  ダウ工業株30種平均は402.23ドル(1.2%)安の32396.17ドル。ナスダック総合指数は0.2%値下がり。

  アジア歴訪中のペロシ米下院議長が台湾に到着したことを受けて、中国は軍事演習の実施を発表。ペロシ氏は今回の訪台について、長期にわたって維持している米国の方針と矛盾するものではないと表明した。

ペロシ米下院議長が台湾に到着、中国は軍事演習実施を表明 (2)

  サンフランシスコ連銀のデーリー総裁は40年ぶりの高インフレを相手にした米金融当局の闘いはほぼ完了の状況から「ほど遠い」と指摘。シカゴ連銀のエバンス総裁は利上げペースは年内遅くに減速し始めるとの見通しを示した。

SF連銀総裁、職務完了の状況から「ほど遠い」-高インフレ率抑制で

シカゴ連銀総裁、9月の利上げは50bpでも75bpでも「妥当」

  PGIMフィクスト・インカムのエコノミスト、エレン・ギャスキー氏は「現時点において、米金融当局がブレーキを踏むと発表する可能性は低い」と指摘。「当局者らは、まだ鈍化が見られないインフレの数字になお注目している」と述べた。

Bank of America estimates the 10-year yield could reach 2%
米10年債利回り
出所:ブルームバーグ

  外国為替市場ではドルが主要10通貨に対して上昇。米金融当局者らが金融政策引き締めにおける道のりはまだ長いと示唆したことから、早ければ来年にも利下げがあり得るとの期待はしぼんだ。

  米国債利回りの上昇を背景に、ドルは対円で値上がり。132円超えではストップロスのドル買いも巻き込み、133円台に上値を伸ばした。

  主要通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.8%上げて、5営業日ぶりの上昇。ニューヨーク時間午後4時24分現在、ドルは対円で1.1%高の1ドル=133円11銭。ユーロは対ドルで0.9%安の1ユーロ=1.0167ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は反発。石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国で構成される「OPECプラス」の会合を待つ中、日中は荒い動きとなった。ペロシ米下院議長の台湾訪問で米中の緊張が高まるとの懸念から、相場は下げる場面もあった。

  OPECプラスは3日にバーチャル形式で会合し、9月の生産方針を決定する予定。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物9月限は、前日比53セント(0.6%)高の1バレル=94.42ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント10月限は51セント上げて100.54ドル。一時は98.49ドルまで下げて、200日移動平均線の98.40ドルに近づいた。

  ニューヨーク金スポット相場は下落。4週間ぶり高値付近で上昇がストップした。ペロシ議長の訪台で米中関係が波乱含みになるとの見方から、金は一時上昇していた。この日はドルが上昇し、貴金属全般が下落した。

  金スポット価格はニューヨーク時間午後3時41分現在、前日比0.5%安。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は、0.1%高の1オンス=1789.70ドルで終了した。

原題:Treasuries Sink as Fed Pivot Seems Less Likely: Markets Wrap(抜粋)

Dollar Rallies as Fed Officials Vow Hawkish Path: Inside G-10(抜粋)

Oil Edges Higher With OPEC+ Output Meeting Looming Over Market(抜粋)

Gold Falls From Four-Week High Amid Tense Pelosi Taiwan Trip(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE