コンテンツにスキップする

ペロシ米下院議長、訪台の見通し-中国は軍事行動も辞さぬ構え

更新日時
  • 中国軍機が1日午前に台湾海峡の中間線に接近-台湾テレビ局
  • 中国が全面的な台湾侵攻を計画している兆候はほとんどない

アジア歴訪中のペロシ米下院議長は2日夜、台湾に到着する見通しだ。副大統領に次いで大統領継承順位2位の現職の下院議長による訪問が実現すれば、1997年のギングリッチ氏以来25年ぶりとなる。台湾を領土の一部と見なす中国は議長訪台の場合、軍事行動も辞さぬ構えを示している。

  台湾紙の自由時報は、ペロシ氏が現地時間午後10時20分(日本時間同11時20分)に台北松山空港に到着する見通しだと、情報源を明かさずに伝えた。台湾外交部(外務省)の欧江安報道官は2日の定例記者会見で、ペロシ氏訪台を巡る臆測にはコメントできないと述べた。「台湾への理解を深め支持を示すために訪れる外国人を常に歓迎する」とも話した。

House Speaker Pelosi Holds Weekly News Conference
ペロシ下院議長
Photographer: Ting Shen/Bloomberg

  中国はペロシ氏が実際に訪台すれば軍事的な対応を警告。対応の内容は特定していないものの、2大経済大国の間の危機の引き金になりかねない。

  中国の習近平国家主席は先週の首脳会談でバイデン米大統領に対し、台湾問題で「中国の国家主権と領土の一体性を断固として守る」とし、「火遊びをする者はやけどを負う」と語った。

  中国が全面的な台湾侵攻を計画している兆候はほとんどないが、外国の当局者による過去の台湾訪問の際、台湾の防空識別圏(ADIZ)に中国軍機の大規模侵入があるなどした。

  台湾のテレビ局TVBSは、多数の中国軍機が1日午前に台湾海峡の中間線に接近したと伝えるとともに、台湾の複数の軍艦も通常任務を展開していると付け加えた。

関連記事

  ペロシ氏のアジア歴訪を巡る主な動きは次の通り。

中国外務省報道官、「恥知らずな振る舞い」と批判

  中国外務省の華春瑩報道官は北京で2日開いた記者会見で、米下院議長が正副大統領に次ぎ、米国を代表する3番目の高い地位にあることを指摘。「下院議長が米軍機に乗り込み台湾地域に挑発的な訪問を行えば、それは確実に非公式な行動ではない」と述べ、そうした「恥知らずの振る舞い」に対する中国政府の対抗措置は、いかなるものであれ「正当化」されるだろうと主張した。

中国は軍事行動含む対抗策準備-環球時報前編集長

  ペロシ氏が台湾を実際に訪問する場合に備え、中国当局は軍事行動を含む一連の対抗措置を準備していると中国共産党機関紙系の環球時報前編集長、胡錫進氏がツイートした。情報源は明らかにしていない。

ペロシ氏、立法院訪問や蔡英文総統との昼食を予定-台湾紙

  台湾紙・蘋果日報は、ペロシ氏が3日午前に立法院(議会)を訪問するほか、蔡英文総統と昼食を共にする予定だと報じた。

原題:Pelosi to Visit Taiwan as China Threatens Military Action (2)(抜粋)

(中国外務省の記者会見を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE