コンテンツにスキップする

ペロシ米下院議長、台湾を訪問の見通し-米中関係の緊張高まる

更新日時
  • 現職の下院議長としてはギングリッチ氏以来25年ぶりの訪台に
  • 米中首脳、先週の電話会談で台湾問題に関して応酬
US House Speaker Nancy Pelosi, a Democrat from California, speaks during a news conference at the US Capitol in Washington, D.C., US, on Friday, July 29, 2022. 

US House Speaker Nancy Pelosi, a Democrat from California, speaks during a news conference at the US Capitol in Washington, D.C., US, on Friday, July 29, 2022. 

Photographer: Ting Shen/Bloomberg

ペロシ米下院議長は2日に台湾を訪問する見通しだと、同氏の計画に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  米政界の大物による歴史的な動きとなり、中国が台湾を自国の領土と見なしていることを踏まえれば、軍事衝突のリスクを高めることになる。ペロシ氏の訪台が実現すれば、現職の下院議長としては1997年のギングリッチ氏(共和)以来25年ぶり。関係者の1人によれば、蔡英文総統との会談は3日に予定されている。ただ別の関係者によると、同総統との会談はまだ流動的だという。

  ペロシ氏の訪台については、台湾紙の自由時報が先に報じていた。同紙はその後、ペロシ氏が現地時間2日午後10時20分(日本時間同11時20分)に民間機で台北松山空港に到着する見通しだと、情報源を明かさずに伝えた。グランドハイアット台北に滞在し、3日午後に出発すると見込まれるという。

  中国は同氏が台湾を訪問すれば、外交関係に「重大な影響」が及ぶことになると警告していた。中国の習近平国家主席はバイデン米大統領との先週の電話会談で、「中国の国家主権と領土の一体性を断固として守る」とし、「火遊びをする者はやけどを負う」と述べた。

関連記事

  中国共産党機関紙、人民日報の系列紙である環球時報など中国メディアは、ペロシ氏の訪台に対して中国人民解放軍は積極的な対応をとると示唆している。台湾上空に戦闘機を派遣する可能性もあるという。

  自由時報の報道によれば、ペロシ氏は3日に立法院(議会)を訪れ、議員らと会合する。蔡英文総統と会談する可能性には言及していない。米紙ウォールストリート・ジャーナルもペロシ氏が訪台し、政府当局者らと会談する計画だと、事情に詳しい複数の関係者の話として伝えていた。

  米議会では民主、共和問わず、ペロシ氏の訪台を支持する声が聞かれる。

  メネンデス米上院外交委員長(民主党)は「台湾を訪問できる人とできない人を中国側が指示するのをわれわれが認めれば、台湾を既に中国に譲ったことになる」と語った。同氏は4月に台湾を訪問した。

   一方、中国外務省の趙立堅報道官は北京で1日開いた定例記者会見で、ペロシ議長が台湾を訪問すれば、中国人民解放軍が座視することはないと述べた。

原題:Pelosi Expected to Visit Taiwan, Amping Up US-China Tensions (1)

Pelosi Expected to Arrive in Taiwan 10:20pm: Liberty Times(抜粋)

(3段落目に自由時報の報道を加えて更新します。)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE