コンテンツにスキップする

1ポイントの米利上げ観測が後退、地区連銀総裁の発言と経済統計で

更新日時
  • ブラード総裁、年内3.75-4%への利上げ支持-7月の幅は判断保留
  • ボスティック総裁、1ポイント利上げは支持しない考えを示唆
The Marriner S. Eccles Federal Reserve building in Washington, D.C.

The Marriner S. Eccles Federal Reserve building in Washington, D.C.

Photographer: Joshua Roberts/Bloomberg

7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で前例のない1ポイントの政策金利引き上げが決定するとの観測は、当局者2人の発言とインフレ期待の低下を示す経済統計によって後退した。

  アトランタ連銀のボスティック総裁は15日、超大幅な利上げに消極的な姿勢を示した。別の発言機会では、セントルイス連銀のブラード総裁が今月のFOMCに言及するのを控えた。同総裁は前日に日本経済新聞とのインタビューで、6月の消費者物価指数(CPI)が非常に高い数字となったものの依然75ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の利上げを支持する考えを示していた。

  2人の総裁が発言してから間もなく、消費者の長期インフレ期待が7月初旬に予想以上に低下したことがミシガン大学消費者マインド指数の統計で明らかになった。金利先物市場が現時点で織り込んでいる7月1ポイントの利上げ確率は約6分の1。0.75ポイントの利上げは確実として織り込まれている。

米消費者の長期インフレ期待、1年ぶり低水準-ミシガン大指数 (1)

  ブラード総裁は15日にバーチャルイベントに出席し、FOMCは年末までに政策金利を3.5%ではなく、3.75-4%のレンジに引き上げる必要があるとの見方を示した。これは合計で約2.25ポイントの追加利上げを示唆する。

  年内残りの会合で決める利上げ幅については、「それは最善の戦略は何かを考えた上で判断していかなくてはならないことだ」と述べた。

ブラード総裁、年内3.75-4%への利上げ支持-複数会合でペース判断

Inflation in US hotter than forecast as prices climb in broad fashion
米CPI(上段は前年比、下段は前月比)
出所:米労働統計局

  ボスティック総裁はフロリダ州タンパでの講演で、インフレが高過ぎるとして、金融当局はこれを制御する意向だと述べたが、7月の1ポイント利上げは支持しない考えを示唆した。

  ボスティック氏は「急激過ぎる行動は、他の事象の多くが順調に機能するのを妨げることになる」と発言。「機能していない部分を修復しつつ、経済の他の部分に及びかねない副作用を最小限に抑えるよう努力することが、私の目指すところだ」と説明した。アトランタ連銀内の積極利上げ派とは見解を異にしていると述べた。

アトランタ連銀総裁、7月会合で1ポイント利上げ支持しない考え示唆

  前日にはウォラー連邦準備制度理事会(FRB)理事が0.75ポイントの利上げを支持しながらも、今後発表される経済指標で一段のインフレリスクが示された場合は、より積極的な行動も支持し得ると述べていた。

関連記事

ウォラー理事は75bp支持、積極行動も示唆-トレーダーに迷い (3)

FOMC、75bp利上げ-7月は75か50bpの公算大とFRB議長 (3)

米CPI、前年同月比9.1%上昇に加速-FRBへの圧力強まる (3)

原題:Fed’s Chances of Full-Point Hike Recede on Data, Wary Officials(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE