コンテンツにスキップする

テスラの中国と独工場、改修で数週間稼働停止へ-生産能力拡大目指す

  • 8月からベルリン近郊の工場の生産率2倍引き上げ目指す-独サイト
  • 4-6月納車台数は市場予想下回る、6月の生産台数は過去最多
The Tesla Inc. Gigafactory in Shanghai, China.

The Tesla Inc. Gigafactory in Shanghai, China.

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

米テスラの投資家にとって独立記念日の休場明けに検討すべき材料が多くある。市場予想を下回った4-6月(第2四半期)の世界納車台数、過去最多を記録した6月の生産台数、そして複数の工場での数週間の稼働停止だ。

テスラ、4~6月の出荷台数は前期比減少-上海工場の稼働停止響く

  テスラは上海工場の生産能力引き上げに向けた生産ラインのアップグレードのため、スポーツタイプ多目的車(SUV)「モデルY」ラインでの大半の生産を7月最初の2週間、セダン「モデル3」ラインを7月18日から20日間、それぞれ停止するとブルームバーグは先月、事情に詳しい関係者を引用して報じた。同工場でのアップグレード作業は8月上旬までに完了する見込み。

テスラが中国での生産拡大を計画、上海工場をアップグレード-関係者

Tesla Inc. Opens First European Factory Outside Berlin
2022年3月22日にオープンしたテスラのベルリン近郊工場とモデルY
Photographer: Liesa Johannssen-Koppitz/Bloomberg

  これに加え、ドイツのサイト「テスラマグ」は4日、ベルリン近郊のテスラ工場の稼働が11日から2週間、停止されると報じた。同サイトが匿名の情報源を引用して伝えたところでは、テスラは8月から生産率を約2倍に引き上げることを目指している。ベルリン近郊の工場では先月、少なくとも1つの週で「モデルY」を1000台生産した。

  テスラは生産・納車台数を公表した2日の発表資料ではアップグレード計画に言及しなかった。

  ジェフリーズのアナリスト、フィリップ・ウショワ氏は3日のリポートで、4-6月期の数字が「比較的低調」になるのは予想していたと指摘した。

  その上で同氏は、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が先月、ドイツと米テキサス州の工場は「多額の現金を燃焼している状態だ」とコメントしたことについて、フリーキャッシュフローが極めて不安定な運転資本の影響を受けている可能性を示唆していると分析した。

テスラ新工場で多額の損失とマスク氏指摘-増産に取り組む過程で発生

原題:

Tesla Pauses Plants After Ending Shaky Quarter With a Milestone(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE