コンテンツにスキップする

中国コロナ再拡大、経済の要「長江デルタ」脅かす-当局は対応急ぐ

  • 長江デルタ地域に太陽光パネルや医薬品、半導体の製造拠点集まる
  • 安徽省の感染拡大目立つ、バイオ中心地の江蘇省・無錫市でも感染増
Xi Jinping, China's president

Xi Jinping, China's president

Photographer: Justin Chin/Bloomberg

中国の新型コロナウイルス感染が東部で広がりつつあり、太陽光パネルや医薬品、半導体の製造拠点が集まり、経済的に極めて重要な長江デルタ地域への拡大を防ごうと当局が対応を急いでいる。

  東部・安徽省の宿州市泗県で感染拡大が目立っている。同省の3日のコロナ新規感染は287人。先週後半以降では計1000人近くに上っている。中国経済への寄与が2番目に大きく、太陽光パネル製造で世界的にも重要な江蘇省へのコロナ拡大を防ぐため、地元当局は泗県と近隣の県を封鎖した。

中国コロナ感染再拡大、安徽省2つの県封鎖-「ゼロコロナ」また試練

Nucleic Acid Test In Suqian City
江蘇省宿遷市でコロナ検査のため並ぶ住民ら(7月2日)
Photographer: CFOTO/Future Publishing/Getty Images

  だが、バイオテクノロジーの中心地である江蘇省・無錫市のコロナ新規感染は3日に35人に上っており、既に感染者が増えている。同市では店内飲食が停止され、娯楽施設も休業となった。浙江省や上海市でもコロナ陽性者が報告され、中国経済の4分の1を占める長江デルタ地域での影響拡大を巡る懸念が強まっている。

  習近平国家主席は先週、ロックダウン(都市封鎖)や頻繁な大規模検査を用いてコロナ感染を徹底的に抑え込む「ゼロコロナ」政策を堅持する方針をあらためて表明しており、今回の感染拡大で同政策はまた大きな試練を迎えそうだ。

習主席、ゼロコロナ政策は中国にとって最も経済的かつ効果的

原題:China’s New Covid Flareup Threatens Crucial Yangtze Delta Region(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE