コンテンツにスキップする

【ウクライナ】プーチン氏、東部都市の掌握に加わった兵士にねぎらい

更新日時
  • ウクライナ復興、押収したロシア資産を財源に-ウクライナ首相
  • 欧州首脳ら、夏以降にウクライナ復興を話し合う国際会議を計画

ロシア軍はまもなく、ウクライナ東部ルガンスク州を掌握する見通しだ。ウクライナ軍は同州最後の拠点だったリシチャンスクから部隊を撤退させた。

  ロシアのプーチン大統領はテレビ演説でリシチャンスク掌握を公に伝え、ショイグ国防相に対し、制圧作戦に加わった兵士には休息を取らせ、他の部隊で戦闘を継続するよう指示した。ウクライナ軍もリシチャンスク撤退を認め、大砲や航空機、弾薬、兵員で優位に立つロシア軍を前に防衛を続ければ「致命的な結果」につながっていたと述べた。

  スイスのルガーノで開かれた国際会議でウクライナ政府は国家再建計画を公表。計画にはインフラや気候変動対策、デジタル分野への投資などが盛り込まれている。シュミハリ首相は再建に必要な約7500億ドル(約101兆7500億円)の相当部分について、押収したロシアの資産を財源にすることが可能だと述べた。

Russia-Ukraine war
ウクライナ軍とロシア軍の戦闘で煙が立ち上る(リシチャンスク、2日)
Source: Anadolu Agency/Getty Images

  ウクライナ情勢を巡る最近の主な動きは以下の通り。

ウクライナの復興、ロシアが支払いを-ウクライナ首相

  シュミハリ首相はルガーノでのウクライナ復興会議の参加者に「ロシアがこの血にまみれた戦争を起こし、この大規模な破壊をもたらした。責任を取る必要がある」と訴えた。同首相によれば、この戦争でウクライナは1000億ドル規模のインフラを失った。世界で凍結されたロシアの資産のうち、3000億-5000億ドルはウクライナ復興に振り向けることが可能だとの見方を同首相は示した。

欧州首脳ら、夏以降にウクライナ復興の国際会議を計画

  欧州委員会のフォンデアライエン委員長はルガーノでの会議で、欧州首脳らは夏以降にウクライナの復興を話し合う国際会議を計画していることを明らかにした。委員長は「世代をまたぐ取り組みが確実に正しく行われるよう、復興に関する世界の英知と第一人者を結集させる」ための会議にすると説明した。

  具体的な目標への言及や資金支援の表明はなかったが、投資家の信頼感を高めるべく資金を効果的に使用する重要性を強調。「何よりも効率的かつ効果的に資金を使用し、ウクライナの人々に最大限の結果をもたらすことだ」と述べた。

中国外務省はロシアの「うそ」拡散やめよ-バーンズ大使が異例の非難

  米国のバーンズ駐中国大使は4日、ウクライナでの戦争を巡りロシアの「うそ」拡散を控えるよう中国外務省に求めた。米国の駐中国大使が直接的かつ公に非難を展開するのは異例。

  バーンズ大使は清華大学主催の世界平和フォーラムで、ロシアのウクライナ侵攻を巡る危機解決に向けて中国ができることは何かとの質問に対する回答で、うそ拡散停止を中国側に「要求」した。また、ロシアの戦争遂行を手助けしないよう中国にあらためて求めた。

 オーストラリア、ロシアからの金輸入禁止へ

  オーストラリア首相府はアルバニージー首相のキーウ訪問後に声明を出し、同国がロシアからの金の輸入を禁止すると発表した。ロシアがウクライナでの戦費に充てる収入を削減する日米英加などの取り組みに加わった。

プーチン氏は長期間戦争を継続できるだろう-ショルツ独首相

  ドイツのショルツ首相は先週の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議中に収録されたCBSの番組「フェース・ザ・ネーション」とのインタビューで、ロシアのプーチン大統領が「非常に長期にわたり戦争を継続できるだろう」と語った。

  同首相は「隣国の領土の一部を奪い取るという考えでは成功しないとプーチン氏が理解した時に紛争は終わる」と指摘した。

ロシア軍がリシチャンスク掌握

  ウクライナ軍は3日遅くにフェイスブックに、「リシチャンスクでの激しい戦闘の後、拠点と防御線からの撤退を余儀なくされた」と記した。これによりロシアは、ルガンスクとドネツクから成るドンバス地方の制圧という目標に一歩近づいた。

豪首相がキーウ訪問して追加支援表明

  アルバニージー豪首相はウクライナを訪問して、ゼレンスキー大統領と会談。ドローンなどを含む1億ドル(約135億円)の追加軍事支援を約束した。

UKRAINE-AUSTRALIA-DIPLOMACY-RUSSIA-CONFLICT
会談後に記者会見を行ったアルバニージー豪首相(左)とゼレンスキー大統領(キーウ、7月3日)
Photographer: Miguel Medina/AFP/Getty Images

日本はロシア産LNG購入継続せざるを得ないだろう-商船三井社長

  日本はロシア産の液化天然ガス(LNG)の輸入を続けざるを得ないだろうと、商船三井の橋本剛社長が英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙に語った。スポット価格の高騰と、日本国内で利用可能な原子力発電所が限られていることを理由に挙げた。

原題:Ukraine Latest: Putin Gives Troops a Rest After Taking Key City(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE