コンテンツにスキップする

スウェーデン中銀が50bp利上げ、ペース加速も-インフレ抑制急務

  • 政策金利は0.75%に、引き上げ幅はこれまでの2倍
  • 来年初めまでに2%付近の見通し、利上げ「加速させる用意がある」
Pedestrians walk down a shopping street in Stockholm, Sweden.

Pedestrians walk down a shopping street in Stockholm, Sweden.

Photographer: Erika Gerdemark/Bloomberg

スウェーデン中央銀行は30日、これまでの2倍の幅の利上げを実施し、必要ならば引き上げペースを加速させることもあり得ると示唆した。他国と同様にスウェーデンでも、インフレ抑制が喫緊の課題となっている。

  政策金利は0.5ポイント引き上げられ0.75%となった。大半のエコノミストの予想通りだった。当局者は来年初めまでに政策金利が2%付近に達すると見込んでいる。これに基づけば今回と同じ規模の利上げが少なくともさらに2回ある見通しだ。

  中銀は声明で「今後も経済の動向に合わせて金融政策を調整していく。インフレ率が目標に回帰するために必要な場合には、政策金利引き上げを加速させる用意がある」と表明した。

The Riksbank is accelerating rate hikes as inflation reaches three-decade high
 
 

 

原題:Sweden Doubles Rate-Hiking Pace to Echo Global Urgency (1)

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE