コンテンツにスキップする

バイデン政権経済政策、増税部分の縮小を民主党が検討-関係者

更新日時
  • マンチン上院議員の同意取り付ける狙い、数週間での上院可決目指す
  • マンチン氏とシューマー氏が規模1兆ドルで合意に近づくと関係者
Senator Joe Manchin and US President Joe Biden
Senator Joe Manchin and US President Joe Biden Photographer: Brendan Smialowski/AFP

米上院民主党はバイデン大統領の包括的経済対策における増税部分を縮小させることに取り組んでいる。マンチン上院議員の合意を取り付けた上で今後数週間以内に経済対策法案を可決することが狙い。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  現在検討されている変更では、昨年に下院で可決された税制措置の一部を縮小する。米企業や富裕層が直面する増税は、バイデン氏や民主党が当初想定していたより小幅になる可能性があると、関係者は語った。

White House Eyes Revival Of Build Back Better Amid Economic Woes
連邦議会議事堂
Photographer: Samuel Corum/Bloomberg

  協議が非公開だとして関係者らが匿名で明らかにしたところでは、マンチン議員とシューマー民主党上院院内総務が経済対策の規模を約1兆ドル(約137兆円)にすることで合意に近づく中、企業への増税部分をより小さくする内容に変更する議論が進められている。与野党会派が共に50議席の上院での法案可決にはマンチン議員の票が重要な意味を持つ。

  1兆ドルのうち5000億ドルが新たな支出に充てられ、残りが10年間で財政赤字を5000億ドル削減するための増税という配分になる見込み。

  協議はなお暫定的であり、双方とも概案に完全には同意していない。

  経済対策案の規模が1兆ドル前後に決まった場合、上院は昨年下院を通過した1兆5000億ドル規模の税制・支出法案を大幅に削減することになり、上院議員が法案の最も異論が多い部分をより受け入れられやすい内容に変える余地が生じる。

  マンチン議員と上院財政委員会の報道官はコメントを控えた。シューマー院内総務のオフィスの担当者は今のところコメント要請に返答していない。

原題:

Democrats Weigh Paring Biden Tax Hike to Win Over Manchin (1)(抜粋)

(経済対策の規模に関する情報などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE