コンテンツにスキップする

スタンダードチャータード、中国ジャンク債担当者ら3人退職-関係者

  • クレジットフロー・トレーディングの責任者ロビンソン氏が含まれる
  • 中国のジャンク債を主に担当していたトレーダー2人も去る
The Standard Chartered Plc logo is displayed on a glass panel at a bank branch

The Standard Chartered Plc logo is displayed on a glass panel at a bank branch

Photographer: Ore Huiying/Bloomberg

スタンダードチャータードでは、クレジットトレーディング業務に従事していた3人が、中国の不動産債務危機や空前の世界的な債券相場急落が起きる状況で退職する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  公に話す権限がないとして関係者が匿名を条件に語ったところでは、クレジットフロー・トレーディングのグローバル責任者ダンカン・ロビンソン氏が、スタンダードチャータードを去る。関係者によると、中国のジャンク債(投機的格付け債)を主に担当していたトレーダー2人も退職する。

  スタンダードチャータードの広報担当者は、退職に関するコメントを控えている。ロビンソン氏にもコメントを求めて取材を試みたが、これまでのところ連絡が取れていない。

Still Falling

China's junk dollar bonds had ninth month of losses in May

Source: Bloomberg

 

原題:

Three Traders Exit Standard Chartered’s Credit Desk Amid Selloff(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE