コンテンツにスキップする

フィンランドとスウェーデン、NATO加盟へ前進-トルコが支持

更新日時
  • 北欧2カ国はトルコの懸念への対処を確約、トルコ反対取り下げ
  • プーチン大統領に極めて明確なメッセージ送るとNATO事務総長
北大西洋条約機構(NATO)加盟国(赤紫)と加盟の可能性がある諸国(斜線)
北大西洋条約機構(NATO)加盟国(赤紫)と加盟の可能性がある諸国(斜線) 出所:ブルームバーグ

フィンランドとスウェーデンが目指す北大西洋条約機構(NATO)加盟は、トルコが交渉への反対を取り下げたことで主要な障壁が除去された。

  NATOのストルテンベルグ事務総長は28日、この動きについて「NATOの扉は開いているとロシアのプーチン大統領に極めて明確なメッセージを送る」ものだと記者団に発言。「プーチン大統領はNATO縮小を望んでいたが、今や国境周辺でNATOが拡大しつつある。彼の望みと逆の結果を得ることになる」と語った。

  トルコがテロ組織と見なすクルド人武装勢力や対トルコ武器禁輸を巡りフィンランドとスウェーデンがトルコの安全保障上の懸念に対処すると確約したことを受け、トルコは北欧2カ国のNATO加盟を支持することに同意した。詳細はマドリードで28日から3日間の日程で開催されるNATO首脳会議で検討される。

  フィンランドのニーニスト大統領は「フィンランドのNATO加盟への道筋の当面の段階を完了することをうれしく思う」とした上で、「ここマドリードで将来の同盟国とNATOにおけるフィンランドの役割に関して実りある話し合いをすることを楽しみにしている」と語った。

  ただ両国の加盟には全30加盟国が加盟議定書に署名し、それぞれの国で批准手続きを完了する必要があるため、数カ月間を要する見通しだ。

原題:Finland, Sweden Closer to Joining NATO With Turkey Deal (2)Finland, Sweden Closer to Joining NATO With Turkey Deal (1)(抜粋)

 

(背景やフィンランド大統領のコメントなどを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE