コンテンツにスキップする

リビア、石油輸出に不可抗力条項発動も-シルテ湾主要港の積み出し

  • ズウェイティーナとブレガ、ラスラヌフ、エスシデル港が含まれる
  • 不可抗力条項が72時間以内に発動される可能性があるとNOCが発表

リビア国営石油会社(NOC)は、国内の政治危機が悪化する状況を受け、複数の主要ターミナルが存在するシルテ湾からの石油輸出を停止する可能性があると明らかにした。

  NOCの27日の発表によれば、積み出しの停止を認める不可抗力条項が72時間以内に発動されることがあり得る。シルテ湾の主要輸出港にはズウェイティーナ港とブレガ港、ラスラヌフ港、エスシデル港が含まれる。

  リビアの産油量は4月半ば以降、日量60万バレルにほぼ半減している。

 

Libya’s Oil Network

OPEC nation has Africa’s biggest crude reserves

Source: U.S. Energy Information Administration

 

原題:

Libya Says It May Suspend Oil Exports From Key Terminals (1)(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE