コンテンツにスキップする

ゴールドマン、米国の金利市場は景気後退リスクを過小評価

ゴールドマン・サックス・グループの金利ストラテジストは、米金利市場が2024年のリセッション(景気後退)リスクを過小評価しているとの見方を示した。

  プラビーン・コラパティ氏ら同行ストラテジストは24日付のリポートで、市場が示唆する米政策金利予想は、23年の早い時期の「下振れ余地は限定的」と示唆する水準に過去数週間で低下したが、24年のフェデラルファンド(FF)金利のプライシングは景気後退リスクを過小評価している可能性があると指摘。インフレの高止まりリスクは、リセッション懸念によるイールドカーブの傾斜への影響を複雑にしていると述べた。

来年の米利下げに備えるヘッジ広がる、FRB議長発言で景気懸念

  ストラテジストらはミスプライスから利益を得られるとして、23年3月と24年3月の契約に絡むユーロドルカーブのフラット化取引を推奨した。

What's Priced In Now

US swaps market has been re-pricing to a lower-rate scenario

Bloomberg, CME

Change in Fed's interest-rate target implied by overnight index swaps and eurodollar futures

 

原題:

Goldman Sachs Says US Rates Market Underprices Recession Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE