コンテンツにスキップする

ECB、金利判断の発表時間を変更-7月から現地時間午後2時15分に

  • ラガルド総裁会見は現地時間午後2時45分開始に変更
  • ECB、発表文で時間変更の理由は説明せず

欧州中央銀行(ECB)は、金融政策判断の発表とそれに続くラガルド総裁の記者会見の時間を7月から変更する。

  金融政策判断の発表はフランクフルト時間午後2時15分(従来は同1時45分)、総裁会見は2時45分(同2時半)開始とする。関連文書の公表も同様に後ずれする。

  ECBは発表文で時間変更の理由について詳しく説明していない。

原題:

ECB to Announce Rate Decisions 30 Minutes Later From July(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE