コンテンツにスキップする

経産省:28日も電力需給ひっ迫注意報を継続、東京電力管内で

経済産業省は28日も電力需給ひっ迫注意報を継続すると27日に発表した。厳しい暑さが見込まれており、電力需要はこの時期としてはまれな極めて高水準で推移すると見込まれるため。

  • 28日も、午後4-5時の時間帯などで予備率が5%を下回るなど、電力需給は厳しい状況が続く見込み
  • 火力発電の増出力や連系線を活用した電力の融通など、あらゆる供給力対策を実施する予定
  • FNNによると、27日の東京電力管内では東北電力や中部電力向けの余った電力の融通を受ける事になり、同日午後4時以降の予備率は3%を上回る6%以上に改善する見通し
  • 関連記事:電力需給逼迫、企業各社は節電対応に追われる-東電管内で注意報 (1)

基の情報をご覧になるにはこちらをクリックしてください

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE