コンテンツにスキップする

関東甲信地方で梅雨明け、1951年の統計開始後最も早い-気象庁

The Tokyo Tower is seen from the observatory in the Roppongi Hills Mori Tower, operated by Mori Building Co., in Tokyo, Japan, on Thursday, July 30, 2020. 

The Tokyo Tower is seen from the observatory in the Roppongi Hills Mori Tower, operated by Mori Building Co., in Tokyo, Japan, on Thursday, July 30, 2020. 

Photographer: Shoko Takayasu/Bloomberg

気象庁は27日、関東甲信、九州南部、東海地方が梅雨明けしたとみられると発表した。関東甲信は統計がある1951年以降で最も早く、6月の梅雨明けは2018年以来2度目。

  平年の関東甲信の梅雨明けは7月19日ごろ。今年の関東甲信の梅雨入りは6月6日ごろだった。気象庁によると、関東甲信は向こう一週間は山沿いや内陸部を中心に一時雨や雷雨となるところがあるが、太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多い見込み。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE