コンテンツにスキップする

習主席、香港返還25周年の記念式典に参加へ-行政長官就任式にも出席

  • 就任式は7月1日、習主席が中国本土外に出るのは20年1月以来
  • 香港統治で中国政府の存在感を示すという決意の表れか

中国の習近平国家主席は、英国からの香港返還25周年を記念する式典に参加するため香港を訪問する。

  習主席は李家超氏の香港行政長官就任式にも出席すると、詳細は明らかにせず、国営新華社通信が25日報じた。就任式は7月1日に行われる。

  習主席が中国本土外に出るのは2020年1月以来となる。自身が主導する「ゼロコロナ」政策で国境は閉鎖され、習氏も国際的なイベントにオンライン形式で出席していた。新型コロナウイルスの新規感染者報告が1日当たり1000人を超えているにもかかわらず香港訪問を決めたことは、香港統治で中国政府の存在感を示すという決意の表れとみられる。

関連記事

習主席の香港訪問観測も一転不透明に-現地高官がコロナ感染

習総書記が香港に「深い愛情」と人民日報-返還25年式典出席か

原題:

Xi to Attend Hong Kong Anniversary Event, Lee’s Swearing-In (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE