コンテンツにスキップする

ECB副総裁、来月利上げは25bp-市場の50bp観測をけん制

  • 25bp利上げの「メッセージ揺るぎない」、その後は9月に見極めへ
  • 新ツールが金融政策を「解放」、インフレ退治に本格的に集中
Luis de Guindos, vice president of the European Central Bank

Luis de Guindos, vice president of the European Central Bank

Photographer: Peter Juelich/Bloomberg

欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は、ECBは来月に25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)利上げする意向を明確に示唆してきたと述べ、それを上回る利上げが必要になるとの見方を織り込む市場をけん制した。

  デギンドス氏は24日、UBSが主催したパネル会議で50bpの利上げはあり得るのかとの問いに対し、「メッセージは揺るぎない」と言明。「その後の展開については9月に見極める。見通しに左右されるだろう」と答えた。

  同氏はまた、ユーロ圏諸国の間で正当な根拠なく借り入れコストの差が拡大するのを防ぐための新たなツールが金融政策を「解放」し、当局は「インフレ退治に本格的に集中」できるだろうとの見方を示した。

ECB、国債利回りの不適切な上昇に対応する新ツール開発を指示 (1)

relates to ECB副総裁、来月利上げは25bp-市場の50bp観測をけん制
 
Source: Bloomberg Economics

 

原題:Guindos Says ECB Communication ‘Firm’ on Quarter-Point July Hike

(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE