コンテンツにスキップする

仮想通貨マイニング企業に迫る暗雲、40億ドルの融資が焦げ付く恐れ

Cryptocurrency mining rigs sit on racks at a Bitfarms facility in Saint-Hyacinthe, Quebec, Canada.
Cryptocurrency mining rigs sit on racks at a Bitfarms facility in Saint-Hyacinthe, Quebec, Canada. Photographer: James MacDonald/Bloomberg

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン価格の長期低迷を受け、一部のマイニング(採掘)業者は機材・装置を担保にした融資の返済が難しくなりつつある。そうした融資の総額は最大40億ドル(約5400億円)に上るとみられる。

  アナリストらによれば、貸し手が担保として受け入れていたマイニング機器の多くは、ビットコイン価格と足並みをそろえて価値が半減。そのため、担保価値が債務残高を下回るアンダーウォーター(水面下)状態の融資が増えている。

  これまでのところ債務不履行になったマイニング企業はほとんどないが、こうした企業の苦境は最近のビットコイン売却の動きから見て取れる。コア・サイエンティフィックは5月、事業運営コストを賄うためビットコインを売却。ビットファームズギャラクシー・デジタル・ホールディングスからの1億ドルに上る融資の一部を返済するため、採掘された仮想通貨の半分近くを今月手放した。

  ビットコイン相場が上向かない限り、状況は深刻化する恐れがあるとアナリストらは警鐘を鳴らす。

  マイニング企業が手持ちのビットコインを売れば、相場への下押し圧力はさらに強まる。貸し手が融資での損失を取り戻そうと差し押さえた担保の清算に動けば、マイニング機器の価値も一段と下がることになりかねない。ルクソール・テクノロジーズによると、マイニング装置大手ビットメインの人気モデル「S19」の価値は、昨年11月の高値から約47%下がった。

原題:

Almost $4 Billion in Bitcoin Miner Loans Are Coming Under Stress(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE