コンテンツにスキップする

ハッカーが仮想通貨1億ドル盗む-エコシステムの脆弱性浮き彫りに

  • ハッカーはブリッジと呼ばれるブロックチェーンのサービスに侵入
  • ブリッジはこれまでも繰り返しハッカーの標的となっている
Computer code displayed on screens arranged in Danbury, U.K.

Computer code displayed on screens arranged in Danbury, U.K.

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

ハッカー攻撃により約1億ドル(約135億円)の暗号資産(仮想通貨)が盗み出されたことが分かった。ブリッジと呼ばれるサービスが標的にされ、仮想通貨のエコシステムにおける脆弱(ぜいじゃく)性が改めて浮き彫りになった。

  ブロックチェーンのハーモニーはツイートで、同ブロックチェーンのブリッジサービスである「ホライゾン」が23日午前にハッキングの被害を受けたと明らかにした。当局などと協力してハッカーの特定と盗まれた仮想通貨の回収に取り組んでいるとしている。ブリッジは、異なるブロックチェーンの間で仮想通貨を交換できるようにするサービス。

  ブリッジの利用によりブロックチェーン間でさまざまな異なる仮想通貨の移動が可能になるため、ユーザーの利便性は高まる。ただブリッジは、その技術の複雑さなどからハッキングに特に脆弱だ。ブリッジが資産をどう保護しているかは不明なことが多く、これまでも繰り返しハッカーの標的となっている。

  調査会社チェーンアナリシスの推計によれば、今回のハーモニーへのハッキングが起こる前までの時点で、既に複数のブリッジから合計10億ドル超の暗号資産が盗み出されていた。

原題:Hackers Steal $100 Million by Exploiting Crypto’s Weak Link(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE