コンテンツにスキップする

ドイツ企業の期待指数、6月に予想外の悪化-ガス供給巡り強い懸念

An employee monitors the production line at the Gerresheimer AG medical glassware factory in Buende, Germany.

An employee monitors the production line at the Gerresheimer AG medical glassware factory in Buende, Germany.

Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

ドイツ企業の景況感は6月に前月から予想外の悪化となった。ロシアからのエネルギー供給に対する懸念が強まり、ドイツ経済のリセッション(景気後退)入りが現実味を帯びつつある。

  Ifo経済研究所が発表した6月の独企業期待指数は85.8と、前月の86.9から低下した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想は87.4と、3カ月連続での上昇が見込まれていた。6月は現況指数も前月から若干低下した。

6月のドイツ Ifo 企業景況感指数概要(表)

  Ifoのクレメンス・フュースト所長は発表資料で「リセッションの可能性は明らかに高まっている」と指摘、「ガス供給を巡る悲観は強い」と続けた。

German business outlook snaps two months of improvement on gas fears
 
 

 

原題:German Business Confidence Unexpectedly Falls on Russia Gas Fear(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE