コンテンツにスキップする

独ルフトハンザ航空が運休拡大、合計3100便に-コロナで乗務員不足

Deutsche Lufthansa AG livery on the tail fin of a passenger aircraft in Frankfurt.

Deutsche Lufthansa AG livery on the tail fin of a passenger aircraft in Frankfurt.

Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

ドイツのルフトハンザ航空は新型コロナウイルスの感染拡大で乗務員不足が深刻化していることから、合計3100便の運航を取りやめた。本格的な夏季休暇シーズンを前に欧州の空で混乱が広がっている。

  ルフトハンザの広報担当者は24日、運休の対象となるのは7、8両月の国内線と欧州路線だと述べた。同社は今月に入り900便の運休を発表していたが、さらに2200便の運航を中止した。

Disruption at Frankfurt Airport as Deutsche Lufthansa AG Cancels Hundreds of Flights Due to Staff Shortages
フランクフルト空港の第1ターミナル(6月10日)
Source: Bloomberg

原題:Lufthansa Scraps 3,100 Flights as Europe’s Travel Chaos Mounts (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE