コンテンツにスキップする

感染症による「短期的な資金繰り課題に落ち着き」 -雨宮日銀副総裁

更新日時
  • 資源・エネルギー価格の上昇が信用コストに影響を与える可能性
  • 金融・為替市場動向や経済・物価への影響を十分に注視する必要

日本銀行の雨宮正佳副総裁は24日、新型コロナウイルス感染症による影響について「短期的な資金繰りの課題はおおむね落ち着いている」と語った。都内で行われた全国信用金庫大会で黒田東彦総裁のあいさつを代読した。

  日本の金融システムは「引き続き、全体として安定性を維持している」とする一方、足元の資源・エネルギー価格の上昇が企業の財務や資金繰りを通じて「信用コスト等に影響を与える可能性もある」と指摘。日銀としては「今後の企業金融の動向やその下での金融機関の対応等について、注意深くみていきたい」と述べた。

  経済・物価のリスク要因に関しては「金融・為替市場の動向やそのわが国経済・物価への影響を、十分注視する必要がある」とした。日本経済をしっかりサポートし、「賃金の上昇を伴う形で、物価安定の目標を持続的・安定的に実現できるよう、金融緩和を実施していく」と表明した。

他の発言

  • 景気は基調として持ち直し、先行きは回復していく
  • 中国でのロックダウンなどで供給制約の影響が強まっている
  • コアCPIの前年比は当面、2%程度で推移するがその後プラス幅縮小
  • 感染症やウクライナ情勢など不確実性は極めて高い
関連記事
(発言の詳細を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE