コンテンツにスキップする

ネットフリックス、さらに300人レイオフー会員数伸び悩みで経費抑制

  • 人員削減は会社全体で実施されるが、大部分は米国在勤の従業員
  • 今回の削減は、同社が先月実施したレイオフの2倍の規模
ネットフリックスのロゴ

ネットフリックスのロゴ

Photographer: Gabby Jones/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米動画配信サービスのネットフリックスは、あらたに300人をレイオフした。会員数伸び悩みの中で経費抑制を目指す。

  人員削減は会社全体で実施されるが、対象の大部分は米国在勤の従業員。今回の削減は、同社が先月実施したレイオフの2倍の規模となる。このニュースについては米誌バラエティーが先に伝えていた。

ネットフリックス、約150人をレイオフ-会員減に伴う経費削減

  ネットフリックスの広報担当者は電子メールで、「当社は引き続き事業に多額の投資を行っているが、鈍化する売上高の伸びに経費の増加を一致させるため、今回の調整を行った」と説明した。 

原題:

Netflix Fires Another 300 Employees in Latest Round of Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE