コンテンツにスキップする

コーエーテクモが株式運用で積極姿勢に、投資巧者の襟川会長主導

  • 「1月に3%残し全て売却、暴落逃れた」、襟川氏が会見で発言
  • 襟川氏は1000億円超の資金を運用する投資家として知られる

ゲーム開発会社コーエーテクモホールディングスで手元資金の運用を一手に担う襟川恵子会長は、今年1月に大幅に減らした株式投資を再び増加させている。同社のIR広報担当者が明らかにした。

  増加に転じた時期や現在の投資の規模、取引対象としている銘柄などの詳細についてはコメントを控えた。

  同社の決算短信に記載された投資有価証券は3月31日時点で1029億円となっている。襟川氏は株式投資の巧者として知られており、有価証券の売却損益などが反映される同社の前期(2022年3月期)の営業外利益は、前の期比4.9%減の142億円だった。345億円だった同期の営業利益と比較すると、本業の4割に相当する利益を株式投資でも稼いでいることがわかる。

  襟川氏は4月に行われた前期の決算説明会で、「1月に3%を残して全株を1日で全部売った。それで大暴落を免れた」と述べていた。米株式市場が安定するのは秋ごろだとし、ゼロクーポン債を買い込んでいることも明かしていた。

  同氏はゲームソフト開発などで知られるコーエーテクモの前身となる光栄を設立。ブルームバーグのデータによると、同社の発行済み株式総数の約2%を保有する株主だ。21年には孫正義氏の要請によりソフトバンクグループの社外取締役に就任している。

  自身の投資スタイルは直感力で、投資は片手間でやっていると話す。巨額の資金運用をどう引き継いでいくのかアナリストなどから質問が上がる中、襟川氏は度々、投資経験がない人間でも簡単に収益が出せる仕組みを考案中だと回答している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE