コンテンツにスキップする

SMBC日興調査委「不公正な行為」認定、近く報告書公表-報道

更新日時

SMBC日興証券による株価操作事件で、同社が設置した調査委員会が、自社資金による大量の買い注文を「不公正な行為」と認定する報告書をまとめ近く公表すると、朝日新聞が同社関係者を引用して24日に報じた

Probe Gets SMBC Nikko Dropped From Bond Underwriting Deal
SMBC日興のロゴ
Source: Bloomberg

    同紙によると、調査委は原因として「社内全般の規範意識の希薄性」を指摘しており、買い注文について「株価が下落して売却人(大株主)に取引をキャンセルされることを回避するなどの意図・目的があった」と認定。「人為的に価格形成した疑いを抱かせる行為」で、「証券会社の市場における役割や責務にもとる不適切かつ不公正な行為」と判断したという。

    また、近藤雄一郎社長が元副社長から受信したメールに「ブロックオファーで値崩れした時に自己ポジションを用いて価格をサポート」と記載されていたことも判明したと伝えた。社長が買い支えを明確に認識していたとは認定しない、ともしている。

    同報道に対してSMBC日興の広報担当者は、当社が公表したものではなく、調査委の調査報告書については準備が整い次第公表すると述べた。

     同社は3月、同社役員と社員らが東京地検に逮捕されたことを受け、河合健司弁護士を委員長とする調査委員会を設置し調査を進めていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE