コンテンツにスキップする

きょうの国内市況(6月23日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日経平均反発、割安評価で食品や陸運など内需堅調-景気敏感業種重し

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場では日経平均株価が小反発。米国で景気後退懸念が意識される中、割安評価から食品や陸運、医薬品など相対的に景気変動の影響を受けにくい内需ディフェンシブ関連中心に値上がりが優勢となった。半面、商社や鉱業など市況関連は安くなったほか、為替の円安の勢い一服も加わって輸送用機器など輸出関連、素材株は軟調で、TOPIXは小幅続落。

  • TOPIXの終値は前日比0.91ポイント(0.1%)安の1851.74
    • 東証プライムでは値上がり1100銘柄、値下がり668銘柄
  • 日経平均株価は21円70銭(0.1%)高の2万6171円25銭

しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹運用部長

  • 市場の関心が米国の利上げから景気後退に移るとともに、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の姿勢が変わっていなくとも市場センチメント次第で発言の解釈が変わってきている
    • 景気後退に関する普通の受け答えでさえ嫌気されているため、米国株の下げを深刻に受け止めなくても良い
  • 景気後退にならないなら日本株は株価収益率(PER)からみて売られ過ぎ感が強い。きょうはグロース株からのセクターローテーションでディフェンシブ関連が買われるなど株式市場から資金が逃げている印象はない
  • ただ、先行き不透明感が強いことから、日本株市場でもグロース(成長)株はなかなか買いが続かず底打ちしない

東証33業種

上昇率上位空運、食品、保険、小売、陸運、電気・ガス、医薬品
下落率上位海運、鉱業、非鉄金属、卸売、輸送用機器、化学

 

●超長期債が上昇、20年債入札受け買い安心感-米長期金利は大幅低下

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい

  債券相場は超長期債を中心に上昇した。この日実施された20年債入札結果が警戒されたほど悪くなかったことから買い安心感が広がった。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の発言を受けて米長期金利が大幅低下したことも朝方から相場の支援材料となった。

  SMBC日興証券の奥村任金利ストラテジストは、先物のヘッジ機能度が低下する中、20年債入札が著しく不調に終わるとの警戒感があっただけに、「若干の弱めの結果にとどまり安心感が出た」と指摘。ただ、海外投資家の先週の中長期債売り越しが過去最大になり、「一部の投資家の投機的な売りではなく、より幅広い投資家が日銀の政策修正を警戒し持ち高を修正していた可能性がある」と言い、「すぐに持ち高の復元に動くとは考えにくい」と話した。

  • 新発20年債利回りは前日比3ベーシスポイント(bp)低い0.895%、新発30年債利回りは2.5bp低い1.225%
  • 新発10年債利回りは横ばいの0.235%、一時0.23%
  • 長期国債先物9月物の終値は前日比52銭高の148円38銭。海外市場の流れを引き継ぎ高く始まった後、20年債入札結果の発表後に一段高となり、この日の高値で引けた

20年債入札

  • 最低落札価格は98円10銭と予想(98円15銭)を下回る
  • 応札倍率は3.38倍と前回の3.77倍から低下
  • 小さいと入札好調を示すテール(最低と平均落札価格の差)は13銭と前回の4銭から拡大

●ドル・円下落、中尾元財務官の介入に関する見解で-135円台後半

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場ではドル・円相場が下落。中尾武彦元財務官がインタビューで「為替介入の可能性は排除できない」との見解を示したことを受け、ドル売り・円買いが強まった。ただ、その後は日米の金融政策の方向性を意識した買いが根強く下げ幅は縮小した。

ハイライト
  • ドル・円は午後3時16分現在、前日比0.3%安の1ドル=135円83銭。一時は135円13銭まで下落

スタンダードチャータード銀行の江沢福紘フィナンシャルマーケッツ本部長

  • ドル・円の140円や147円といった水準が意識される中で、為替介入への関心も高まってきており、関連する話題には市場も神経質になりつつある
  • きのうの相場では米長期金利が低下し、資源価格が安かったのにもかかわらず、ドル・円は下げ渋った。少し割高感があったところに、中尾元財務官による発言があり、割高の調整のきっかけになったようだ
  • 基本的には米金利やコモディティ価格との連動で相場が動いていることには変わりない状況ではある

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE