コンテンツにスキップする

フジテックの内山社長退任へ、取締役再任案を撤回ーオアシス批判

更新日時
  • 定時株主総会直前に撤回、調査で問題ないと確認されたら株主に諮る
  • 内山氏の経営者資質に異議唱える機会奪われ、失望-オアシス

エレベーター大手のフジテックは23日、同日開催の定時株主総会に諮る予定だった内山高一社長の取締役再任案を撤回すると発表した。内山氏は社長を退任する見通し。香港のヘッジファンド、オアシス・マネジメントが同社のガバナンスを問題視し、内山氏の再任案に反対票を投じるよう呼び掛けていた。

  発表資料などによると、同社が17日に設置を公表した第三者委員会による調査で、内山氏の取締役就任に問題のないことが確認された場合に改めて臨時総会などを開催し、内山氏の取締役就任を株主に諮るとしている。フジテック広報担当の吉村宏樹氏は、内山氏の再任案撤回について「票読みの結果ではなく取締役会の議論の結果」だとコメントした。

  同社は23日の定時総会後の取締役会で、総会で選任された取締役の中から新社長を選出するという。会社側提案の取締役候補は岡田隆夫副社長ら9人で、同日の総会で可決された。オアシスのセス・フィッシャー最高投資責任者(CIO)は会見し、フジテックの株主は内山氏の経営者としての資質に「異議を唱える機会を奪われた。失望している」と議案を撤回した会社側の対応を批判した。

  オアシスは今年5月、内山社長を含む創業家と同社との間で「多数の疑わしい取引がある」と指摘。内山社長の取締役再任に反対を表明した。これに対し、フジテック側は取締役主導で社内調査を行い「法的にも企業統治上も問題ない」との結論を公表。今後は原則として関連当事者取引を行わない方針を確認していた。ブルームバーグのデータによると、オアシスはフジテック株の約9.7%を保有している。

  一方、ブルームバーグが入手したリポートによると、米議決権行使助言会社のインスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)とグラスルイスは今月8日までに、内山社長の取締役再任に反対を推奨。フジテックはISSも求めていた第三者委員会による追加調査を行うと17日に発表していた。

(総会結果などで記事を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE