コンテンツにスキップする

東芝株が2カ月ぶり上昇率、1株7000円の買収提案も検討との報道

更新日時

東芝株が23日の取引で、一時前日比6.5%高の5858円まで上昇し、4月22日(6.5%高)以来の日中上昇率を記録した。ロイター通信は22日夜に、東芝の潜在的買い手が同社の非公開化に向けて最大1株7000円での買収提案を検討していると報じていた。

   東芝は投資家やスポンサーから10件の株式の非公開化を含む戦略的選択肢に関する提案を受けている。28日に開催予定の定時株主総会で、13人の取締役選任案を諮った後、提案の絞り込みを本格化させる。

東芝、再建提案10件中8件が「非公開化」-エレベーターは存続へ (2)

  ブルームバーグはCVCキャピタル・パートナーズやベイン・キャピタル、KKRとブラックストーンなど海外投資会社のほか、日本勢からは産業革新投資機構(JIC)が東芝の買収を検討していると報じた。

(背景を加えて記事を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE