コンテンツにスキップする

テスラ新工場で多額の損失とマスク氏指摘-増産に取り組む過程で発生

From
  • ベルリンとオースティンの工場は多額の現金を燃焼している状態
  • 人員削減発表前のマスク氏の動画インタビューを公開

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、生産拡大に取り組んでいるドイツと米テキサス州の新工場で「数十億ドル」に上る損失が出ていることを明らかにした。

  マスク氏は22日にオンラインで公開されたシリコンバレーのテスラ車オーナーとの動画インタビューで、「ベルリンとオースティンの工場は現在、いずれも多額の現金を燃焼している状態だ」と語った。インタビューは5月31日に収録された話し合いの模様の一部。

  今回公表されたマスク氏のコメントは、同氏が人員削減を決定するまでの数日間のテスラの状況について垣間見る機会を新たに提供するものだ。マスク氏は21日、カタール経済フォーラムでのブルームバーグ・ニュースのジョン・ミクルスウェイト編集主幹とのインタビューで、テスラが今後3カ月間で給与所得者(固定給従業員)を約10%削減し、全体で最大3.5%程度の人員削減を実施すると語った。

マスク氏、今後3カ月で固定給従業員10%減-全体で3.5%を削減へ

Tesla Inc. EV Supercharger Station in Berlin
充電中のテスラ「モデルY」(ベルリン、2021年10月5日)
Photographer: Liesa Johannssen-Koppitz/Bloomberg

  マスク氏は5月31日のインタビューで、オースティン工場で新しい「4680」電池などを使用する「モデルY」増産を迅速に進めるのに苦戦したことも明らかにした。同社は4月の株主宛て書簡で、テスラ車への旺盛な需要に対応するためオースティンでは旧型の「2170」電池でもモデルYを製造すると説明していたが、マスク氏によると、それに必要な部品が中国で足止めになったという。

  マスク氏はオースティン工場が直面する問題について、「これは極めて迅速に解決されるだろうが、非常に多くの注意を要し、大量生産には工場建設よりもずっと多くの努力が必要になる」と語った。ベルリン工場については、「2170」電池を使用する車両生産に備えさせたため、オースティンよりは「やや良い状態」にあると説明した。

  オースティン、ベルリン両工場の苦戦は、中国の新型コロナウイルス対策の上海工場への影響と重なったとマスク氏は指摘。インタビューが行われた5月末時点で、テスラは中国政府の制限措置による生産の大幅な落ち込みや根強いサプライチェーン問題から立ち直ろうと取り組んでいた。

  「この2年間はサプライチェーンの中断が次々に生じ、全くの悪夢だった。まだそこから抜け出していない。給与支払いを続けて破産を回避するため、どのように工場の操業を継続するかが、当社にとって圧倒的な関心事だった」とマスク氏は語り、「コロナによる中国での業務停止は控えめに言っても極めて厳しかった」と指摘した。

  このインタビュー後、テスラの中国工場での生産は3倍余り増えている。

テスラの中国生産が急回復、5月は3万3544台-前月の3倍超に

原題:

Musk Says New Tesla Plants Lose Billions in Rush to Spool Up (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE