コンテンツにスキップする

ECB、断片化阻止ツールがインフレとの闘い妨げてはならない-副総裁

  • インフレ率は8%上回り続ける、9月利上げ幅はインフレ期待次第
  • 政策委、新ツールに付随する条件は全て議論する-デギンドス氏
Luis de Guindos, vice president of the European Central Bank.

Luis de Guindos, vice president of the European Central Bank.

Photographer: Peter Boer/Bloomberg

 ユーロ圏の資金調達コストを抑えるための欧州中央銀行(ECB)の新ツールがインフレとの闘いを妨げることがあってはならないと、デギンドス副総裁が述べた。

  既に過去最高水準にある消費者物価の上昇率は今後数カ月にわたり8%を上回り続け、減速し始めるのは夏が過ぎた後だろうと、デギンドス氏は22日のバーチャルイベントで語った。

  9月に計画されている利上げの幅はインフレ期待の動向次第だとも述べた。

  ECBはユーロ圏の一部の国の国債利回りが不適切に上昇する「断片化」を防ぐ手段の策定を急いでいる。政策委員会は新ツールの詳細をまだ協議していないが、措置に付随する条件は全て話し合われることになると、デギンドス氏は説明した。

 

relates to ECB、断片化阻止ツールがインフレとの闘い妨げてはならない-副総裁
 
Source: Bloomberg Economics

 

原題:

Guindos Says ECB Crisis Tool Can’t Obstruct Fight With Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE