コンテンツにスキップする

革新機構傘下のファンド、東芝に非上場化前提の再建案を提案-報道

産業革新投資機構(JIC)のファンドが、東芝に非上場化を前提とした再建策を提案したと、読売新聞が関係者の話を基に22日報じた

  • 東芝が外為法で重点的な審査対象であることから、JICは「買い手」の有力候補とみる向きが多かったが、経産省内では非上場化で「物言う株主」に株を手放させ、事業再編を経ずに再度上場させる戦略であれば、JICの出資は難しいとの見方で一致
    • 「アクティビスト(物言う株主)を追い出すためだけに公金を使うことはあり得ない。経営体制や考え方の刷新が欠かせない」と同省幹部
  • 関連記事:東芝、再建提案10件中8件が「非公開化」-エレベーターは存続へ (2)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE