コンテンツにスキップする

ビットコイン下落から利益狙えるETF、取引開始-底値リスクも

  • ビットコイン先物に逆の動き、米国初のインバース型ETF
  • 既に相場ピークから大幅安、プロシェアーズBITOは高値時に上場

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

暗号資産(仮想通貨)全般の急落がまだ終わっていないと考える弱気派にとっては、今後の下落に賭けることができる新たな手段が手に入った。

  「プロシェアーズ・ショート・ビットコイン・ストラテジー上場投資信託(ETF)」(ティッカー:BITI)は、米国では初めてのビットコインに連動するインバース型のETFだ。ビットコイン先物指数のパフォーマンスに対して逆の動きとなるため、ビットコインの下落で利益が得られる比較的安価で容易な手段となることが期待される。米国市場で21日に取引が開始された。

  ただ、ビットコインは現時点で下落余地があまり残っていないリスクもある。プロシェアーズは昨年10月、米国で初めてのビットコイン連動ETF「プロシェアーズ・ビットコイン・ストラテジーETF」(BITO)を上場させたが、この時がビットコイン価格のほぼピークに当たってしまった。BITIの経費率はBITOと同じ0.95%。

BITO's price has plunged since mid-October launch
 
 

原題:

Wall Street Gets a Short-Bitcoin Fund After 70% Crypto Collapse(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE