コンテンツにスキップする

イエレン長官、「乞うご期待」と語る-ロシア産原油の上限価格計画で

  • 上限価格はEUの保険契約禁止の例外措置通じた取り組みの可能性
  • ロシアのエネルギー収入さらに制限する方法で同盟国などと対話継続

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

イエレン米財務長官は20日、米国と同盟国がロシア産原油価格を抑制する方法を巡って協議が続いていると明らかにした。運搬する船舶の保険契約禁止の例外措置を提供する計画を通じて行われる可能性がある。

  イエレン氏はトロントでフリーランド加財務相と記者会見し、「われわれは現在、世界経済への波及効果を阻止しながらロシアのエネルギー収入をさらに制限する方法について世界各地のパートナーや同盟国と生産的な対話を続けている」と発言。「欧州や米国、英国などが最近提案したエネルギー規制を増進・強化するような上限価格または例外価格について協議している」と述べた。

  ロシア産原油について米国とカナダは輸入を禁止しており、欧州連合(EU)は半年後に海路での輸入禁止に合意した。EUは世界各地へのロシア産原油輸送に必要な保険サービス禁止について英国を含む主要7カ国(G7)の一部との調整に取り組んでいる。

EU、ロシア産原油輸送の保険提供禁止でG7協調を模索-関係者

  「例外価格」の発言についてより詳しい説明を求められたイエレン氏は、「本質的には上限価格」だろうとし、欧州の保険契約禁止の例外になると語った。

  26-28日にドイツで会合を開くG7首脳向けに準備が整うかとの質問には、「乞うご期待」とし、「パートナーとこれについて積極的に取り組んでいる」と話した。

原題:

Yellen Says ‘Stay Tuned’ for Word on Russian Oil Price-Cap Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE