コンテンツにスキップする

ロシアのガスプロム、サムライ債の利払いを予定通り実施-関係者

ロシアの国営天然ガス企業ガスプロムが20日、2018年に発行したサムライ債の利払いを実施した。複数の関係者が明らかにした。

  利払いを履行したのはガスプロムが18年12月に特別目的会社を通じて発行した私募形式のサムライ債。年限は10年、利率1.01%で総額650億円を発行していた。複数の関係者によると、利払い期限である同日に予定通り円で支払われたという。

  ガスプロム債は国際協力銀行が元利金の95%を保証しているが、利払いについては保証期間に入っていない。ロシアを巡ってはクレジットデリバティブ決定委員会(CDDC)が今月1日、ドル建て国債を事実上の債務不履行(デフォルト)と認定している。

  ブルームバーグのデータによると、ガスプロムのサムライ債は、円建てで発行され残存する唯一のロシア関連債。

関連記事:
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE