コンテンツにスキップする

中国が「桁外れ」の支援検討中、原材料高の打撃受ける製造業に-報道

  • 供給サイド政策構造の見直しや需要喚起など施策検討-上海証券報
  • 新エネ車やグリーン家電の消費押し上げで製造業投資の安定求める声

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

中国政府は原材料コスト上昇による打撃を利益面で受ける川下の工業企業を支援するため、新たな「桁外れ」の政策を計画していると、中国紙・上海証券報が20日伝えた

  国営新華社通信が運営する同紙が情報源を引用せずに報じたところによると、工業情報省が供給サイド政策構造の強化や消費者需要の喚起、テクノロジー投資の後押しに向けた施策を検討している。新エネルギー車メーカーを含む多くの川下工業企業が今年、損失を計上しているという。

Manufacturing Trouble

China's manufacturing profit margins have slumped compared to mining

Source: China National Bureau of Statistics

Note: Margin calculated as operating income/costs from activities

  政府系シンクタンク、中国国際経済交流センター経済研究部の劉向東副部長は川中・川下セクターが縮小すれば、今年後半の製造業投資は大幅に鈍り、中国経済に打撃となる恐れがあると上海証券報で分析。政府はこうした企業の投資マインドを安定させ、売掛金延滞などの問題解決を通じて資本回転率の改善を支援する必要があると述べた。

  財務情報を提供する博覧財経の李宏图チーフエコノミストは、中国当局は新エネ車や環境に配慮した建材およびグリーン家電の個人消費の喚起で投資の安定化に寄与すべきだと指摘したと上海証券報は伝えた。

原題:China Studying ‘Extraordinary’ Support for Manufacturers: Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE