コンテンツにスキップする

債券は小幅安、5年債入札は弱めの結果との見方-超長期債に売り圧力

更新日時

債券相場は小幅安。先物市場のヘッジ機能低下への懸念から5年債入札はやや弱めの結果となったことが相場の重しとなった。先物は入札通過で下げ幅を縮めたものの、市場では23日の20年債入札に対する警戒感で超長期債には売り圧力がかかった。

  三菱UFJモルガン・スタンレー証券の鶴田啓介債券ストラテジストは、「5年債入札は応札倍率が低くやや弱めだったが、弱気予想が多い中で無難な着地だった」と指摘。先物は過度な不安感が後退したことで下げ幅を縮小したとしながらも、「ヘッジ機能低下で20年債入札への不安感は根強く、今回の結果はそれを払しょくするものではなく、引き続き超長期ゾーンは警戒感が強い」と話した。

  • 新発5年債利回りは1ベーシスポイント(bp)高い0.075%
  • 新発10年債利回りは0.5bp高い0.235%
  • 新発20年債利回りは1bp高い0.925%
  • 長期国債先物9月物の終値は3銭安の147円96銭。21銭安の147円78銭で取引を始め、一時147円63銭まで下落。5年債入札後は下げ幅を縮小した

  日銀は午前10時10分の金融調節で10年国債を0.25%の利回りで無制限に買い入れる指し値オペを通知。買い入れ利回りは、先物のチーペスト銘柄である残存7年程度の356回債で0.250%、364回債も0.250%とした。

長期国債先物6月物の推移
 
 

5年債入札

  • 最低落札価格は100円5銭で市場予想中央値と一致
  • 応札倍率は3.17倍で2020年3月以来の低水準
  • 小さければ好調を示すテールは3銭と前回の1銭を上回る
  • SMBC日興証券の奥村任金利ストラテジスト
    • 応札倍率が少し低めだったことを踏まえても予想された範囲での弱い結果
    • 先物をヘッジに使いにくい状況の中での入札で警戒感は相当にあり、きのうまでにかなり調整が進んだ中での入札。キャリー(期間収益)水準などの観点で実需の投資家需要が相応にはあったのだろう
  • 備考:5年利付国債の過去の入札結果 (表)

背景

新発国債利回り(午後3時時点)

 2年債5年債10年債20年債30年債40年債
 -0.070%0.075%0.235%0.925%1.240%不成立
前日比 -0.5bp+1.0bp+0.5bp+1.0bp+3.0bp -

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE