コンテンツにスキップする

イエレン財務長官、高インフレは年内継続と予想-リセッションは回避

  • ガソリン税の一定期間免除「検討する価値はある」-イエレン長官
  • 高インフレもたらしているのは世界的要因、直ちに弱まることない
Janet Yellen, US Treasury secretary.

Janet Yellen, US Treasury secretary.

Photographer: Sarah Silbiger/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

イエレン米財務長官は、物価は「容認し難いほど高い」とした上で、この状態は今年いっぱい続くと予想した。ただ家計の力強さにより、リセッション(景気後退)は回避するとの見解を示した。

  長官は19日、ABCの番組「ジス・ウィーク」で、「インフレは今年これまで高い状態が続いており、残りの期間も高インフレが続くのは確実だ」と述べた。

  ただ新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)を背景に国民の貯蓄が積み上がっているほか、労働市場は「極めて力強い」として、リセッションは「全く不可避というわけではない」と言明。また消費者がインフレを乗り切る上で助けとなり得るのであれば、ガソリン税の一定期間免除も「検討する価値はある」と述べた。

  根強いインフレの要因については、米国内の問題ではなく世界的な状況が影響していると説明。ウクライナでの戦争を発端としたエネルギー供給の混乱や、新型コロナに伴うロックダウン(都市封鎖)で中国からの物流に影響が出ていることを挙げた。

  「そうした要因が直ちに弱まる可能性は低い」とし、「世界情勢に関しては極めて多くの不確実要素が存在する」と述べた。

原題:Yellen Says Elevated US Inflation Locked In for the Rest of 2022(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE